×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

看護師は感謝の気持ちが大事

看護師は感謝の気持ちが大事

看護師さんといえば、患者さんから感謝があったからこそ頑張ってこれたという方が多いですが、なかには看護師として一生働いていくための心構えに「感謝」を挙げる人もいます。

 

看護師の仕事というのは、基本的にチームプレーです。

 

自分の業務が終わったら終わり、という気持ちではいけません。

 

同僚の看護師が困っていれば手を貸してあげ、全体がスムーズに進行できるよう常に心がけておかなければならないのです。

 

自分が困っているときはまた手を貸してもらい、助けて助けられてうまくまわっているのです。

 

また、感謝の気持ちは同僚に対してだけではありません。

 

辛い時や、頑張りどきなときに思い出すのは、自分たち看護師に感謝してくれる患者さん。

 

その時の嬉しい気持ちが、何より励みになり、原動力になります。

 

ここでも感謝し感謝され、調和が保たれているのです。

 

このように感謝というのは何も患者だけが意識しなければならないことではないのですね。

 

お互いの感謝の気持が協力しあって初めて、「看護」が成り立っているのでしょう。